脳の断層図を撮影し、異常を早期に発見。

脳ドックにて一番大切な検査はMR(核磁気共鳴法)です。

断面図を見るのがMRI、血管を見るのがMRAです。無症候性脳梗塞や脳出血、未破裂脳動脈瘤、脳萎縮や動脈硬化の有無、まれに脳腫瘍等の所見も発見されることもあります。
予防医学が今後大切な時代になると思われますが、ドックの目的は未然に脳卒中を防ぐ、健康な脳の状態を維持する為の生活スタイルを見直す等が考えられます。低価格で良質な脳ドックが今後、ますます大切な健康診断に位置づけられます。頭痛持ちの方(片頭痛や群発性頭痛)家族歴のある方(クモ膜下出血や脳梗塞)は是非、一度脳ドックを受けてください。

脳ドックとは?

脳の断層面を撮影し、分析します。早期発見に効果があります。

脳ドック症例解説

実際に撮影された画像を見てみましょう。

生活習慣病と動脈硬化

メタボリックシンドロームは動脈硬化疾患の重大な危険因子です。

脳ドックQ&A

その他の「脳ドック Q&A」 >>

ご挨拶

最近よく耳にする「メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)」は生活習慣病の初期段階といえます。生活習慣病は動脈硬化を引き起こす要因とされ、毎日のご家庭でのケアや定期的な健診が求められます。
脳ドックはこういった健診に適した検査であり、自覚症状がなく進行している疾患・病気の早期発見・早期治療に力を発揮します。
この埼玉脳ドック.comでは脳ドックをもっと皆様の身近なものと感じて頂けるよう内容をまとめております。よろしくお願い申し上げます。

ゆうあい内科・脳神経クリニック

ゆうあい内科・脳神経クリニック
金 三雄

発病する前に予防することは医療の究極の目的であり、豊かな暮らしを得る為の基盤となります。

QRコード

埼玉脳ドック
モバイルサイト

バーコード対応の携帯で左のQRコードを読み取ってアクセスして下さい!